So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

頑張ったね!

今日ツバサは舌小帯切除のレーザー手術を受けました[病院]

半年前小児歯科で、永久歯になった前歯が順調に伸びず出っ歯になってきていると指摘され、
舌に原因があるのではないかということで、舌の矯正を勧められていました。
健診の度に乳歯の歯並びの良さを褒めてもらっていたうえ、パパもママも歯並びで悩んだこと
はなく、矯正とは無縁と思い込んでいたのでもうビックリ[あせあせ(飛び散る汗)]
お金もかかるし、果たして永久歯と乳歯が混ざっているこの時期に矯正するべきなのか、
するにしても矯正しているお友達なんてまだ周りにいないので病院の口コミもほとんどなく、
億劫になって半年ほどこの問題から目を背けていました。
が、さすがに小学生になる前にハッキリさせておかなくてはと思い、
矯正歯科専門の先生に見てもらうと、やはり単なる出っ歯ではなく、舌小帯が短いために
舌で歯を前に前に押し出してしまっているということが明らかになり、
このままでは出っ歯はもちろん、発音にも嚥下にも支障が出てくるということでした。
3軒の矯正歯科、1軒の口腔外科で診てもらいましたが、診断結果はどこも同じだったので、
負担の少ないレーザー手術施設のある矯正歯科で、手術と、後に必要になる歯列矯正も
お願いすることにしました。

局部麻酔でのレーザー手術なのでそんなに深刻になることはなかったんだけど、
それでもママはドキドキ[あせあせ(飛び散る汗)]
術後の舌の裏は真っ黒で直視できないぐらいエグイ状態[もうやだ~(悲しい顔)]
本人への負担が少ないとはいえ、傷痛みはあるし、1週間ぐらいは食べにくかったり、飲み物が
沁みたりするということでしたが、ツバサ本人は至って平然。
食べにくいので食べるスピードは遅いけれど、手術前も後も特にナーバスになることもなく
あっけらかんとしていたので救われました[わーい(嬉しい顔)]

手術前には上顎に舌を付けることができなかったのですが、舌小帯がなくなったために
舌を長く伸ばしたり上顎に付けたりすることができるようになりました。
今後は舌と口唇の筋肉を鍛える訓練と、歯列矯正が待っています。
どちらも2年~3年というスパンで考えていかないといけないということで気が遠くなりますが、
ツバサなら頑張って乗り越えてくれると信じています[手(グー)]






コメント(3) 

卒園旅行

今週末、ツバサとママは幼稚園のお友達親子9組+東京のイオリちゃん親子と一緒に
淡路に卒園旅行に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]
といっても子どもたちとママたちとは現地完全別行動。
子どもたちは朝9時半に集合して1泊2日のキッズプログラムに参加。
宝物探しをしたり、BBQをしたり、海で魚釣りをしたり、ホテル内のプールで泳いだり、
イチゴ狩りに出かけたりと盛りだくさんのプログラムを楽しみました。

一方ママたちは三宮でフレンチランチを堪能したあと、淡路島へ移動[バス]
チェックインして部屋割りをしたあとは特に何もすることがなく、ディナーまでの時間、
ホテル内を散策したり、カフェでくつろいだり。
ディナーのあとは、一部屋に集合して、ひたすら飲んで喋って[ビール]
気がつけばもう3時[あせあせ(飛び散る汗)]
毎日のように幼稚園や公園で喋っているんだけどね~話は尽きません。
こんな年になっても、何でも話し合える気の合う仲間と出会えたことにホントに感謝しています[ぴかぴか(新しい)]

翌日11時半に子どもたちを迎えに行ったら、子どもたちお疲れ気味。
どうやら内容がハードすぎたみたい。でもとっても楽しかったって。
ツバサもこんなにたくさんのステキなお友達に出会えて良かったね[るんるん]

子どもたちもママたちも疲れていたけれど、場所を明石海峡公園に移してまた遊びました。
子どもたち元気です。ママたちもまだまだ喋れます。
オトコ9人の中にイオリちゃん1人だったけど、すぐに打ち解けて、楽しんでくれていました。
ツバサとイオリちゃん・・・遠距離だけど、末永く仲良くしてほしいな~[揺れるハート]

IMG_0756.jpg    IMG_0761.jpg

パパが土曜日も出勤だったので、この間タイガは京都のじいちゃんばあちゃん家で
お世話になっていました。いっぱい遊んでもらって、美味しいもの食べさせてもらって、
お菓子も玩具も買ってもらって、いっぱい甘えさせてもらって・・・
タイガに「ママがいなくて淋しかった?」って聞いたら、「全然淋しくなかった!
だってじぃじもばぁばもいたし。あ~楽しかった!!」ですって。野暮な質問をしてしまいました。
まぁ、ママもツバサも淡路でいっぱい楽しんできたからね[かわいい]






コメント(0) 

タイガのお別れ会

今日はタイガがお世話になった託児施設のお別れ会でした[るんるん]
通い始めたのはまだ2歳になる前。
一言も発することなく、もちろんオムツで、迎えに行くとよく疲れてお昼寝をしていました[眠い(睡眠)]
一年経ってもほとんど喋らないと先生に心配されたこともありました。
が、一度も行くのを嫌がったことはありませんでした。
喋らなくてもタイガは目を大きく開いてじーっと周りの様子を観察していました[目]
だから家では「〇〇くんがね~」とか「今日は△△を歌ったよ!」とか、ママにいっぱい
お話してくれていました。
こんなタイガの性格を受け入れてくれて、気長に暖かく見守ってくれた先生方に感謝の気持ちで
いっぱいです。
今ではお友達もたくさんできて、びっくりするぐらい大きな声で話したり、お部屋の中を走り回ったり、
たまにはイタズラをしたり・・・と、随分オトコの子になってきたそうです[手(チョキ)]

IMG_0739.jpg    IMG_0746.jpg

歌を歌ったり、お遊戯をしたり、工作をしたり、ゲームをしたり、
ちゃんと座ってお話を聞いたり、お弁当を食べたり、みんなの前で発表したり・・・
本当にたくさんのことを経験させてくれました。
そんな託児施設も今日で卒園。
いよいよ4月からは幼稚園。本人めちゃめちゃ楽しみにしてます[グッド(上向き矢印)]










コメント(0) 

外国人のお客様

我が家に初めて外国人のお客様がやってきました[家]
ママの大学時代の友達・アユミのダンナさまがスウェーデン人なんです[exclamation×2]

卒業後海外での生活が長かったアユミとはおよそ10年ぶりの再会で、
それはそれはとーっても嬉しかったんだけど、
横浜在住のアユミとなぜこの時期に会えたのかというと、この度の地震に伴う放射能問題&
計画停電で、生後8ヶ月の茜ちゃんを連れて大阪のホテルに避難していたからなのです。
この3連休、ダンナさまも仕事仲間と共に大阪にやって来たところで、我が家にご招待。
お互いのファミリーを紹介しました。

  IMG_0725.jpg
スウェーデン×日本のハーフ茜ちゃん。めちゃめちゃかわいかった[揺れるハート]

初めての外国人のお客様にタイガはもちろんのこと、ツバサも緊張気味だったけど、
恐る恐る「Wiiパーティー一緒にしよう!」とお誘い。
予想以上に楽しんでくれたので一気に打ち解けました[わーい(嬉しい顔)]

引き続きアユミと茜ちゃんは大阪のホテルでの避難生活を続けるのだそう。
早く横浜で落ち着いた生活が送れますように・・・






コメント(2) 

今月のケーキ

今月のレッスンはウィーンのお菓子「エルトベアオーバーストルテ」でした。
一見ショートケーキのようですが、中にはピンク色のかわいい苺クリームが入っています。
そして上には、このお菓子の特徴である、薄く削ったチョコレートをのせます。
ふわふわのキメの細かいスポンジがこれまたとっても美味しくて、
バースデーケーキにピッタリなお菓子です[バースデー]

IMG_0720.jpg    IMG_0718.jpg

もう一品はロシアのクッキー「ゴア」を作りました。
ほろりと口の中で崩れる独特の食感は、予め小麦粉を焼いておくことで出せるのだそう。
表面にたっぷりふりかけた粉砂糖がほんのり甘くて、いくらでも食べられるクッキーです[わーい(嬉しい顔)]





コメント(0) 

涙涙の卒園式

とうとうツバサの卒園式の日がやってきました[ぴかぴか(新しい)]
ひとりずつ保育証書を貰って、賛美歌を歌って。
成長したみんなの姿や先生方の温かい言葉で、予想どおり号泣してしまいました[たらーっ(汗)]
私なんてまた4月からもお世話になる幼稚園なのに・・・
でも何か違うんですよね。

IMG_0662.jpg    IMG_0664.jpg

IMG_0670.jpg    IMG_0676.jpg
  今年も精勤賞を貰いました。

卒園式のあと、保育室で先生を交えてのお別れパーティーがありました。
軽食を頂きながら、みんなで歌を歌ったりゲームをしたり、先生に花束を渡したり。
ママたちが頑張って作った卒園文集も配りました。

IMG_0687.jpg    IMG_0693.jpg

夜はホテルに場所を移して、有志の親子で卒園パーティーをしました。
夜景のステキな大きな会場でのパーティー。
年少時代の懐かしいDVDを会場に流しながら母たちは飲んで喋って笑って。
みんなホント大きくなったねー。
ツバサも大きくなりました[グッド(上向き矢印)]
身長103cm→123cm  体重16kg→23kg

IMG_0709.jpg    IMG_0715.jpg
中には違う小学校に進むお友達もいるんだよね。ツバサの大切なお友達。
いつまでも仲良しでいてね[黒ハート]






コメント(0) 

お弁当最後の日

ツバサのお弁当最終日でした。
特に冬場は早く起きるのが辛くて面倒だなぁって思ったこともあったけど。
こんな手紙もらったら・・・[ぴかぴか(新しい)]

   IMG_0728.jpg
   正しくは「毎日」ではなく「週3回」だけどね。

ツバサは好き嫌いなく何でも食べてくれたので助かりました。
問題は偏食のタイガさんです。。


コメント(0) 

地震

この度の東北地方太平洋沖地震におきまして被害に遭われた方々に心より
お見舞い申し上げます。

この一連のニュースを見ていると、16年前の神戸を襲った地震のことを思い出さずにいは
いられません。
当時私は東京大学に通っており、地震の数日前から高熱にうなされ、神戸から母を
呼び寄せていました。
あの日、父と連絡が取れないまま、点滴を受けながら、病院のテレビで燃え盛る長田の町を、
ただ呆然と眺めていたことを思い出します。
翌日母は慌てて広島経由で帰神。そのまま加古川の親戚宅に避難しました。
私はとてつもない不安から、府中と横浜の親戚宅に身を寄せていました。
数週間後、JRが芦屋まで復旧したと聞いて、新大阪からJR、阪神、バス、
阪急、山陽を乗り継ぎ、そして最後は線路の上を数駅分歩いて実家に戻りました。
幸い父は骨折だけで、家も半壊ですみました。
ガスはまだ復旧しておらず、カセットコンロを多用していました。
地元の友達の中には、家が全壊してしまった子、何時間も瓦礫に埋まっていた子もいて、
ひどく衝撃を受けました。

私に今何ができるのか・・・
周波数の違いでこちらの電力を被災地に送ることはできないみたいだけど、
それでも節電は大事なこと。
小額ではあるけれど街頭での募金活動に協力させてもらいました。
狭いようで広かった日本。同じ国なのに、私は平穏な日常生活を送っています。
東京の友達や先輩・後輩、不自由な生活が続くと思いますが、頑張って乗り越えて
くださいね。

「はなかっぱ」や「アンパンマン」の放送がなくてブーブー煩いタイガを横に、
ツバサは地震や津波のニュースを食い入るように見ていました。
幼稚園やお絵描き教室で阪神大震災の話を聞いたり話し合う機会があったので
余計に関心があったのでしょう。
その日、ツバサは物凄い夜鳴きを何度もしました。
6歳の子どももひどく衝撃を受けています。





コメント(0) 

ちゅうりっぷ修了式

今日はタイガのちゅうりっぷさんの修了式でした[かわいい]
あっという間の一年。
当初ダンマリでカチカチだったタイガが、笑顔でお友達と遊んだり、大きな声で
歌ったりできるようになりました[グッド(上向き矢印)]

IMG_0617.jpg    IMG_0610.jpg
 園長先生に保育証書を貰いました。        こうやっておままごとでよく遊んでいたそうです。

IMG_0618.jpg    IMG_0634.jpg
整列してお辞儀して・・・とっても上手に歌えました。   先生方お世話になりました。


コメント(0) 

タイプの異なる兄弟

ツバサのリクエストで久しぶりに伊丹のスカイパークに遊びに行きました[車(セダン)]
物怖じせずに高いところでも何でもガンガン挑戦していくツバサと、
石橋を叩いて叩いて・・・渡らないこともしばしばのタイガ。
最近顔が似てきたとよく言われる二人ですが、タイプが全く違います[わーい(嬉しい顔)]

IMG_0597.jpg    IMG_0602.jpg

数字も文字も電車の名前もトーマスの仲間の名前もタイガースの選手の名前も・・・
興味をもったものは片っ端から物凄いスピードで覚えていったツバサ。
それに対しタイガさんは・・・
何でもいいから興味をもってくれる日を気長に待ちます[あせあせ(飛び散る汗)]








コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。